木のストローは使い捨て?値段と通販(購入場所)は?コスパは悪い?

スポンサーリンク

アキュラホームのCMで話題の木のストロー。

プラスチックストローが社会問題にもなっているので気になりますよね。

紙のストローを見かけるようになってきましたが、紙だとふにゃふにゃになりそうなイメージ…

でも、木のストローなら丈夫そうですし、使い捨てにせずに使いまわるような気もしますよね。

この記事では、木のストローの値段から購入できる場所、何回まで使えるのかご紹介していきます。

話題のストローのお試し方法も載せておきますので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

木のストローってどんなストローなの?

出典:全国の拠点で木のストロープレゼント‼

木のストローって、そういえばありませんでしたよね。

紙のストローはあるんだから、紙になる前の木でストローにしたってめっちゃ画期的!!

だって、紙を作る必要がないんですもんね。

木のストローってどうやって作られているの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

fumiya(@fumiya421119)がシェアした投稿

木のストローの作り方ってどうやってるの?木の枝をグサッとくりぬいて作る?なんて思っていたらアキュラホームのCMで答えが判明しました。

話題のCMがこちらです。

 

木材をカンナで薄く削ったものをななめに巻き上げることでストローに加工してあります。

その薄さ、なんと0.15mmもの極うすなんですって!

作り方は、子どもの剣や鉄砲を作らされた新聞紙やチラシをくるくるしたあのイメージですね。

 

環境にどういいの?

木のストローが環境によさそうですが、具体的にどういいんでしょうか?

アキュラホームは、木の取扱いに精通した熟練の象徴として、古くから木材の製材に欠かすことのできなかった“鉋掛け(かんながけ)”を通じ“匠の心”を伝えてきました。
出典:アキュラホーム

私たちは、木のストローを広めることで、地球環境や自然環境が適切に保全され、将来の世代に確実に引き継ぐ、持続可能な社会の実現に向け取り組んで参ります。

出典:アキュラホーム

「木のストローを広めることで、地球の環境や自然が守られて将来の子どもたちにも確実に引き継げる社会を作る」

木に詳しいアキュラホームさんだからこそできる取り組みなんですね。

木のストローといっても、ストローのために木を伐採するのではなく、間伐材の利用を促進するためのものなのでさらに環境によさそうですね。

ちなみに、このプロジェクトは環境ジャーナリストの竹田有里さんが平成30年の7月豪雨の被災地を取材した時に発案した「木のストロー」の製品化に向けてアキュラホームとザ・キャピタルホテル東急が賛同して始動したものです。

木のストローの特徴はなに?

 

この投稿をInstagramで見る

 

アキュラホーム宮原展示場【公式】(@aqurahome_miyahara)がシェアした投稿

それでは、木のストローの特徴について紹介していきますね。

木のストローの特徴
・五感で楽しむ
・長さ/太さ?/樹種変更が可能
・軽い
・木ならではの高級感

種類はスギ・桜・トドマツの3種類から選ぶことが可能となっています。

木のストローは使い捨て?再利用できるの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

MOYA(@moyamoya2121)がシェアした投稿

木のストローがとても環境にいいのはよくわかりましたね。

でも、1回で使い捨てだったら、コストもかかるし環境問題的に大丈夫?

もったいないから、洗って何回も使いたいんだけど…?

そんな疑問のために調べてみました。

洗って食器乾燥機で十分に乾燥させることで、複数回(4〜5回までの利用を推奨しております。)使用することが可能です。

※ただし、飲食店様など不特定多数のお客様へご提供される場合は、使いまわさずに1回のみの使用を推奨しております。

出典:木の紙

洗ったあと、食洗器でしっかり乾燥させたら4~5回くらいは使えるとのことですね。

ただ乾かすだけだと、どうしても内側まで乾かずにカビの原因になってしまうのでしっかり乾燥させることが複数回利用するときのコツですね。

飲食店など、不特定多数の方が使う場合は、プラスチックストローのように使い捨てをおすすめされています。

他にも注意点をまとめてみました。

・ストローを噛まないように
・上に物をのせない
・炭酸飲料には不向き
・まれに木材由来の繊維がでていることあり

我が家の2歳児はプラスチックストローをカミカミしてしまうのですが、噛むと割れる恐れがあるので注意が必要そうです。

炭酸飲料には不向きな理由が調べても出てきませんでした。

そのかわりに、紙のストローを炭酸に使用した映像がありましたのでご紹介しておきます。

紙のストローは、吹きこぼれの原因となるので炭酸飲料での使用は控えるように書かれています。

同様の理由でしょうか。わかり次第追記していきますね。

木のストローの値段と通販(購入場所)は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】アキュラホーム姫路展示場(@aqurahome.himeji)がシェアした投稿

気になる木のストローの購入場所についてご紹介していきます。

通販で購入することができます。

木のストローは木の紙ホームページAmazon (Moobom 木製ストロー50個入)で販売されていました。
(Amazonのほうは木のストローですが、カンナ削りのものではありません)


Moobom ストロー 木製ストロー 繰り返し利用可能 環境にやさしい 業務用 飲料用 ショップ バー用品 パーティー 喫茶店 誕生日 結婚式 お祝い 装飾 50個セット 収納バック付

カンナ削りの木のストローは、サンプルセット、スポット購入、継続購入(3か月以上)の3種類があります。

それぞれ詳しく解説していきますね。

お試しサンプルセット4本入り

お試しサンプルセットは4本入りで購入することができます。

 お試しサンプルセット4本入り入り(刻印あり2本、刻印なし2本)
1100円(税込み・送料別:送料500円)
https://www.kinomeishi.com/product/127

サンプルセットの木の種類は「スギ」で、刻印は「木のストロー」と入っています。

4本セット送料込みで1600円なので、1本あたり400円です。

スポット購入

スポット購入の料金表はこちら↓です。

スポット購入はこちらから

スポット購入の場合、1番安くて10本単位で1本150円から購入することができます。

送料がプラスされますのでご注意を。

1本150円×10本=1500円 +送料500円 =2000円
送料を含めると1本あたり200円です。(税抜き3500円以上で送料無料ですので24本以上購入すると送料無料になります)

継続購入

継続購入(3か月以上)の料金表はこちら↓です。

継続購入の詳細はこちらから

CMで話題の木のストローをお試しする方法

CMやSNSで話題の木のストローですが、1月18日(土)~3月31日(火)まで先着10万本の『木のストロー』プレゼントキャンペーンを開催しています。

キャンペーン内容
期間中、アキュラホームグループ(アキュラホーム、オカザキホーム・福工房)とスマートアライアンスビルダー、賛同企業の会場で1回の申し込みで2本いただけます。
※1家族につき1回限り、20歳以上のお客様限定となっています。

配布日程は会場によって異なります。

見にくい場合、こちらから確認ができます。

お申込み方法はこちらから。
(直接お申込みリンクにとべます)

木のストロー無料配布キャンペーンホームページはこちらから

木のストローを無料キャンペーンでもらって使ってみよう

木のストローキャンペーンは環境問題に配慮してアキュラホームがカンナで削った木をストローにしてできた商品を無料で配布するキャンペーンでした。

価格はネットのお試しでも1本400円程度することから、無料キャンペーンで2本もらえるのは嬉しいですね^^

利用するときには「木」なのでカビが生える可能性が高いので、しっかり乾燥させましょうね。

炭酸に利用もNGです。噛むと割れちゃうので小さなお子様にも注意しましょう。

このキャンペーンを機にもっとエコな木のストローが広がってほしいですね。

なくなる前にぜひ試してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました