マスク作るのに滅菌ガーゼを使わないで‼家にあるものでマスクを作ろう!

スポンサーリンク

マスクの布の間に入れるために滅菌ガーゼが売り切れ続出しているのをご存知ですか?

滅菌ガーゼはマスクには不要です。

本当に必要な人(在宅ケアとして傷口に当てなきゃいけない人)が購入することができず困っています。

今回は滅菌ガーゼを使用しなくてすむように、マスクが簡単に作れる方法とマスクの殺菌方法も紹介していきますね。

手芸屋さんでガーゼ生地も品薄になっていることから、家にあるもので作る方法を紹介してますのでぜひ活用してください。

スポンサーリンク

マスクに滅菌ガーゼは必要?

マスクに滅菌ガーゼは不要です。

傷口などのバイ菌が触れてはいけない場所に使うものが滅菌ガーゼなんです。

滅菌するためのガーゼではなく、滅菌処理されたガーゼです。

そのため、マスクの間に入れることによってウィルスを滅菌してくれるわけではありません。

マスクの間に入れたら滅菌されて空気がきれいになる!ということはありませんので注意してください。

口や鼻には常在菌がいますので、滅菌ガーゼを当てても菌がいない状態は作り出せませんし、食事やお風呂のときにマスクを外すのでウイルスをゼロにすることは不可能です。

滅菌ガーゼが本当に必要な人が買えなくて困っている状況になっていますので、正しい知識をもって行動しましょう。

かといって、マスクが売ってないからと同じマスクを使い続けるのもいけません。

マスクの表面についている菌を手などで触れて、その手で口や鼻を触ったら意味ないですよね。

マスクが品薄だからこそ買わず、使い回すための滅菌方法をご紹介していきます。

滅菌ガーゼを使わずにマスクを滅菌する方法

大事なことなので、繰り返しておきますね。

滅菌ガーゼは滅菌されたガーゼであって、菌を殺すガーゼではありません

とはいえ、同じマスクを毎日使い回すのは不衛生なので洗ったり、殺菌して使いましょう。

マスクは口や鼻にウィルスが入るのを予防するためのものなので、しっかり滅菌しなきゃ!殺菌しなきゃ!と神経質にならなくても大丈夫です。

使い回すために滅菌する方法を布マスク、紙マスクでそれぞれご紹介していきますね。

紙マスクはコロナウイルスでマスク品薄のための滅菌方法なので、基本的には1回使ったら捨てるようにするものと覚えておいてくださいね。

布マスクを滅菌する方法

布マスクを殺菌する方法は2つありますので順番に紹介していきます。

洗濯した後にアイロンをかけて殺菌

中性洗剤で手洗いした後に、マスクにアイロンをかけて殺菌します。

※洗濯機で洗うとしわだらけになってしまいますので注意!
※不織布のマスクをアイロンかけちゃダメです!

不織布が溶けてアイロンもマスクも大変なことになります。

沸騰したお湯の中に入れて滅菌

滅菌方法として一般的によく知られている方法ですね。

赤ちゃんの哺乳瓶などでも使われる家庭で身近な殺菌方法です。

【手順】
1.鍋に沸騰したお湯を沸かす
2.マスクを鍋につける
3.マスクを干して乾かす

沸騰したお湯をマスクにかけるのも有効です。

【手順】
1.ザルなどの上にマスクをおく
2.マスクに沸騰したお湯をかける
3.マスクを干して乾かす

洗濯して日光に当てるだけで紫外線で殺菌効果もありますからね。

菌を殺すよりも口や鼻に入るのを防ぐことが大切です。

紙マスクを滅菌する方法

紙マスクはなるべく再利用せずに使い捨てることを目的として作られています。

今回の紙マスクの滅菌方法はコロナウィルスによるマスク品薄に対しての一時的な対策です。

殺菌するために洗ったりお湯に入れるとフィルターの耐久性が悪くなり、マスクの効果がなくなります。

沸騰したお湯の中に入れて殺菌

布マスクと同様に沸騰したお湯に入れてま殺菌していきます。

不織布が毛羽立って品質の低下につながり、ウイルスをガードできなくなる可能性も指摘されています。

不織布と顔の間にガーゼを入れることをテレビでは推奨していました。

滅菌ガーゼでなくても、家にあるティッシュを折り曲げて当てることでも効果はあります。

また、私は不織布のマスクを長時間つけていると頬のあたりが痒くなってしまうので品質低下した不織布が直接肌に触れることも防げます。

アルコールスプレーをかけて乾かす

市販のアルコールスプレーをかけた後、干して乾かしておきます。

除菌スプレーも品薄なので手に入りにくいので、無水エタノールと精製水で手作りのアルコールスプレーを作ることも可能です。

繰り返しておきますが、使い捨てマスクは再利用することは推奨されていませんので使い捨てで使用するようにしてくださいね。

滅菌ガーゼを使用しないマスクの作り方

滅菌ガーゼを使わないマスクの作り方を紹介していきます。

ダブルガーゼで作る布マスクが基本ですが、品薄なので、家にあるキッチンペーパーやペーパーナプキン、コーヒーフィルターでマスクを作る方法です。

さらにマスクのゴムも品薄になっているので、ハンカチ1枚でマスクを作る方法もご紹介していきますね。

家にあるものでぜひ作ってみてください。

ダブルガーゼで作る基本的なマスクの作り方

ダブルガーゼで作るマスクには3パターンあります。

それぞれの型紙や作り方の紹介をしていきますね。

シンプルな四角いマスク

平面ガーゼマスクの作り方
▲わかりやすく写真がたくさんあるのでとても見やすいです。

▼2か所縫うだけでできちゃうマスクの作り方を動画で見る

▲動画のマスクに必要な材料
・ダブルガーゼ
大人用   4cm×18cm
子ども用  35cm×18cm
・マスク用ゴム紐

立体型マスク

立体型なので鼻までしっかり守ることができます。

こちらの型紙は、市販の立体マスクから型紙をとってあるので女性でも男性でも使える大きさになっています。

【無料ダウンロード型紙】※A4サイズです

▼上記型紙で作成する手順の動画です

プリーツマスク

四角い平面マスクよりも鼻の上までしっかり覆えます。

よく見かける市販の使い捨てマスクと同じ形です。

▲動画の大人用マスクの材料
・ダブルガーゼ
大人用     32cm×15cm 1枚
12cm×5cm  2枚
子供用               28cm×11cm   1枚
10cm×5cm 2枚
・マスクゴム (100均や手芸店)

家にあるもので作るマスクの作り方

手に入りにくいダブルガーゼを使用せず、家にあるもので代用したマスクの作り方を紹介していきます。

ペーパータオルで作る方法

  • 材料(大人用マスク1個)
    • キッチンペーパーやペーパータオル:1枚
    • 輪ゴム:4個
    • ホチキス

【作り方】
①ペーパータオルを半分に折る
②半分にした紙を開いて、中心に向かって上下ともに折る
③外側に向かって上下に開くように折っていく
④折ったほうが下になるようにひっくり返す
⑤上下を中心に向かって折る
⑥中心で折って棒状にする
⑦大人用には輪ゴムを2個結んでおく
⑧マスクの端を折り、輪ゴムを挟んでホチキスで止める

▼動画ではさらに簡単なじゃばら折りで紹介されています。

ペーパーナプキンでマスクを作る方法

ペーパーナプキンで作るマスクの作り方です。

柄がたくさんあるのでお好みの柄で作って少しでも気分を上げちゃいましょう。

動画では使い終わったマスクを再利用して作るマスクも紹介されています。

コーヒーフィルターで作る方法

コーヒーフィルターでマスクを作る方法です。

動画では3枚重ねで作っています。

家に余りがちなコーヒーフィルターを活用するいい機会ですね。

【材 料】
・コーヒーフィルター
・サージカルテープ
・ゴム紐
・カッター
・ 不織布
・はさみ

ハンカチからマスクを作る方法

【材料】
・大きめのハンカチ、またはバンダナ
・輪ゴム
・(ティッシュ)

【作り方】
①ハンカチ、またはバンダナを広げる
②真ん中にティッシュが来るようにおく
③♦のようにおき、上と下を折って、端と端が付くように折る
④上下半分に折る
⑤ハンカチ、バンダナの端をねじる
⑥耳が入るくらいの輪っかを作って輪ゴムで止める

詳しい写真付きの手順はこちらのサイトから

滅菌ガーゼは傷口をケアする人に届けましょう

滅菌ガーゼはウイルスを殺す滅菌作用はありません。

傷口など、菌がいない状態を作っておきたいときに使うものです。

使い捨てマスクはなるべく使い捨てるようにしてくださいね。

代用方法を活用してマスクを作って、なるべくウイルスが口や鼻の中に入ることを防いでいくことが大事です。

マスクの流通が確保できるまで、自分で滅菌したり作って乗り切りましょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました